忍者ブログ
創作小説サイト夢うつつ(http://sappe.fc2web.com)にて公開中の作品裏話をする場所(仮)。おまけ要素があるとかないとか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっとこ更新したよね記念に今回追加したゴールドの話しについて語ってみようかと思います。無意味に。
興味のある方は追記よりどうぞ。追加した本編のネタバレ含みそうなので、ご了承のうえお願いしますね。


 
PR
**2009'3/10に書かれたメモ小話に加筆修正したもの



――僕の声は、聞こえていますか?

 少女が、踊っている。
 バレリーナの着る、チュチュと呼ばれていたはずの衣裳をその身にまとって、人のいない舞台の上を一人で踊って居る。スポットライトに照らされたその姿は、この世の者を思わせないほどに鮮やかで、儚げだった。
 その舞台に僕は呼びかけて、笑う。口角を上げるだけの笑い。少女が止まる。世界が変わる。少女は現実に引き戻される。

――ああ、キレイな世界を壊してしまった。

 少女は不思議そうに僕を見る。口を開く。「ダァレ?」と。
 僕は笑う。ただ微笑む。母親が、子供にするように微笑む。
 手を伸ばす。握手を求めるファンのように手を伸ばす。
 いこう。ただ一言、声にのせずに言った。
 少女はしばらく悩んで、僕の手を取った。そして、また儚げに踊りだした。舞台に「僕」という異物を引き連れて。
 そして少女は気付いた。「異物」の侵蝕に。
 少女の表情が凍る。強張る。怯える。絶望する。

――嗚呼、少女に僕の声が聞こえなくなってしまった。

 白いチュチュが赤く染まる。少女が消える。幕が下りる。スポットライトは消えて、舞台には闇が残った。
 闇ばかりの舞台の上で、丁寧に頭を下げて笑った。
闇、夜、まんげつ、

おはよう。

光、朝、たいよう、

おやすみ。

お姫様を迎えに行こう。
神の子を迎えに行こう。

待ってる、
舞ってる。

白紙の頁は進む、すすむ。
白紙の頁へ戻る、もどる。

その本は行き止まり?
その本は開けられた?

待ってて、すぐ始まるよ。
待ってて、迎えに行くよ。

だから閉じた本の上で
舞ってて、舞ってて。

もうすぐ紡がれるから。

だから、それまでは。
嗚呼、彼は 彼は。



その歌の名を知らない。



消えた日々、彼は踊る。

消えた日々、彼が踊る。

踊る、おどる

その命が消え失せたのを知らないままに

彼は 踊る。
くるくるくるくる踊りましょう

くるくるくるくる唄いましょう

回りましょう、廻りましょう、かざぐるま。

くるくると、くるくると。

雨の中を回りましょう。

本の中を廻りましょう。

その物語を読むのはダアレ?
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]